早期施術がなぜ重要なのか...

早期施術の重要性
交通事故に遭った時、痛みを我慢している方が大勢います。

私たちあおぞら整骨院鍼灸院へ寄せられますご相談は、
「痛みが3カ月たっても良くならない」
「湿布を貼っていたが良くならない」
「何年も前の交通事故の痛みが痛い時がある」
「1年前の交通事故から首が動きにくい」
「雨の日になると関節が痛む」
といった交通事故直後のお声よりも、交通事故に遭って放置した結果寄せられる声の方が多いのが実情です。

痛みが全くよくならないということは、放置した結果、しっかりと完治していないことは間違いありません。交通事故の痛みは放っておいても中々良くならないのです、そんな痛みを治すのも私たち治療家の使命ですが、とても時間がかかります。
そこで重要なことが「早期の治療」となります。
早期の治療には、早期の回復が伴いますので、一刻も早く私たちへご相談ください。
病院での診断が終わったら相談しよう、車の修理が終わったら相談しよう。
示談交渉を終えたら、警察に届けを出したら・・・
そう思って痛みを後回しにしているとなかなか良くなりません。
一番大切なこと身体の健康です。他の事は方法があっても、身体は代えが効きません。

早期の施術で早期の回復をしましょう。