むち打ちとは

むち打ち症とは
むち打ち(ムチウチ)とは交通事故などの急な衝突、外力が加わることにより頚椎(首)が前後又は左右に振られることで生じる首周囲の痛みの事を言います。大きく分けると3つに分類され、頚椎捻挫型、頚椎根症状型、バレリュー症状型になります。
70%前後は頚椎捻挫型で、首周囲の痛みが最も多く、頚椎根症状型では痛みに痺れが伴います。知覚テストが陽性になります。
バレリュー型は頭痛やめまい、吐き気や聴力低下などが加わり、自覚症状が強いためとても辛いものです。

あおぞら整骨院鍼灸院では、どのようなむち打ちも治療を行います。
患者様によってむち打ちの症状は様々であり、自覚症状もばらばらです。
「痛み」+「不安」が同時に押し寄せるため、ストレスが更に増すのが むち打ちの特徴であり、首は人間の身体で1日の中で最も使う部位です。
無意識に首を動かすことがほとんどですので急な痛みも走ります。
靭帯や神経が通りますので、とても大切なところであるため、治療をせずに痛みを我慢しているとなかなか治りません。
むち打ちの治療はあおぞら整骨院鍼灸院へお任せください。